被害に合いやすい家屋の特徴とQ&A

家

床下が低い

床下が低い建物は、その空間の風邪の通りが悪くなってしまいます。
シロアリは、空気のちょっとした動きを嫌うので、空気の通りにくい床下は、シロアリにとって住み心地の良い環境になってしまいます。

カビがよくできる

カビの多い場所は、空気の流れが悪く、かつ湿度の高い場所です。シロアリは、湿度の高い場所も好むため、そういった場所はシロアリの格好の棲家になる可能性が高いといえます。

家の近くに森がある

シロアリは本来は森で枯れた木材を食べて生活している生き物です。しかし、シロアリは巣が成長しきると新たな食料を求めて、羽アリとなって飛び立ちます。そのため、森の近くにある家にはシロアリが飛来しやすいといえます。近くに森がある場合は、定期的にシロアリ調査をした方がいいかもしれません。

廃材や家具を外に放置している

本来、シロアリは光や空気の流れを避けるために、蟻道という道をつくりながら移動します。しかし、廃材や家具を外の土の上に放置していると、土から直接シロアリがその木材へとたどり着くことが可能になります。そうなると、気が付かないうちに近くでシロアリの巣が成長し、最終的には家屋に被害が及んでしまうかもしれません。
そのため、なるべく廃材や家具を外に放置しないようにしましょう。

シロアリに関するQ&A

羽アリが多い時期はいつ?

羽アリが飛び始める時期は種類によって少し違います。一般的には4月から9月です。種類によって夜間に光に多く集まってきたり、昼間に見つけることが多かったりします。しかし、気温の低い北海道や気温の高い沖縄では、その出現時期が本州とは異なります。

どんなものを食べますか

実は、シロアリが食べるものは木材だけではありません。洋服や、革製品、ゴムのパッキンやコンクリートまで食べることもあります。ときには、薄い金属を食べることも。このようにシロアリは雑食性なのでなんでも食べます。

シロアリ被害に合いやすい場所はどこですか

シロアリは日当たりが悪くて、湿気が多く、温かい場所を好みます。そのため、洗面所、台所、トイレ、お風呂場などに多くいます。しかし、種類によっては家全体に被害が及ぶこともあるので注意が必要です。

シロアリから家を守るためにはどうすればいいですか

まずは、しっかりとしたシロアリ対策が必要です。床下やお風呂場などの木材に防蟻施工を施すことでシロアリ被害を予防しましょう。予防と一緒に、定期的にシロアリ調査をすることもシロアリ対策には大切なことです。

羽アリの見分け方を教えてください

シロアリとアリの羽アリは一見とても良く似ています。どちらの種類の羽アリか判別するためには、まずは触角を見てください。触角が数珠状になっていればシロアリです。また、シロアリの羽はすべて同じ大きさであるのに対して、アリの羽は上下で大きさが異なることからも判別できますよ。